下肢機能障害とは

未分類

下肢機能障害というのはどういう状況なのかと言えば、簡単に言うと下半身の機能を失うことを言います。人間の身体というのは上半身と下半身というのがあり、それぞれ機能を持っています。基本的なことを言えば、下肢というのは太ももやふくらはぎなど、下半身のことを意味するわけです。交通事故に遭ってしまうと、脊髄や脳などに衝撃や圧迫を受け、それらが破損や欠損を引き起こすこともあります。そうなると、よく聞く下半身不随や下半身機能不全などを引き起こしてしまう可能性があるのです。

下肢機能障害上半身と下半身は独立してそれぞれが動いているわけではなく、それぞれの部位が連携して人間という活動を可能としています。交通事故でそれらの機能を失ってしまうこともあるので、十分に気を付けておくことが必要です。もちろん、下肢機能障害も障害認定を受けることができるので、そこから生活の基盤を整えていくことは可能です。ただ、自分ですべて解決しようとすると難しいこともあるので、まずは弁護士などに相談して認定してもらうことが必要となります。交通事故に強い弁護士も多いので、それぞれ自分の状態を把握して、慰謝料や損害賠償の請求ができるように準備を進めていきましょう。そうすることによって、より交通事故後の対応も大きく変わってきます。

Pocket